ケータイ小説 野いちご

“俺様”大家の王国

 


拓海は机に顎を乗せ、不満そうに唸った。

空になったチューハイの缶が、倒れる。

「ああなー、でもあんなに可愛かったら、

ちょっとくらいーって思うんだよ。

体めちゃくちゃ軽いのに、しっかり胸あったし……

俺の職場おばちゃんばっかりだし」

「親しくもない相手にいきなり、ってのもあるんだろ」
 
彼は転がった缶を拾い、ゴミ袋に捨てた。

「免疫が無さすぎるんだよ。

ていうか現代っ子なんて、もっと擦れてっと思ってたし。

……あー、でもそう考えると、超貴重だよなー……」
 
彼の顔が、にやける。





< 80/ 534 >