ケータイ小説 野いちご

“俺様”大家の王国

 


……随分、詩的な言い方だと思った。
 
だけど、冷静に分析している頭の中とは裏腹に、

私の口は何度も何度も同じ事を繰り返していた。


「ごめんなさい……ごめんなさい……ごめんなさい……」
 

壊れた人形のように。
 
小さな子供のように。
 

それが拒絶ではない事は、きっと彼には分かっていた。
 

結局私は泣き止むまで、彼の服を掴んで離さなかった。




< 78/ 534 >