ケータイ小説 野いちご

シェアハウスの相手は推しで溺愛されました。  【番外編】


大学



「真希〜、おはよー!!」

「おはよ、三玲。」

私は今日も大学に来ている。

「あのね……今日……」

「うわぁっっ!!」

私が話そうとした時、いきなり真希が悲鳴をあげだ。

「ま〜き〜、おはよ!」

「うるさい。」

真希の後ろには怜喜くんがいた。

「今日も真希、可愛い。」

「あんたは黙って。」


実はこの二人付き合ってるんだよね。
真希はツンデレなんだけど。
怜喜くんは真希にデレデレ。


「おはよ、三玲。」

後から声が聞こえた。
振り向くとはるくんがいた。

「はるくん、おはよう!」

「今日も元気だなー、あいつら。」

はるくんは怜喜くんを見ながらそう言った。






私達はいい意味で変わってきてるんだな、そう思った。





< 2/ 4 >