ケータイ小説 野いちご

魔王様は攻略中! ~ヒロインに抜擢されましたが、戦闘力と恋愛力は別のようです


 風になびく黒髪を軽く手で払ってから、アリギュラは意地悪く目を細める。

「魔獣相手に、どこまで保つかな」

 紅い瞳が向けられるのは、街が広がるのとは反対、海側の空。自然の防壁であるはずのそこには、飛竜の大群が浮かぶ。

 その中で最も大きな飛竜が、空気を切り裂くような叫び声をあげる。耳障りなその音色を聞きながら、アリギュラは魔王らしい、凶悪な笑みを浮かべたのだった。

< 51/ 296 >