ケータイ小説 野いちご

VS社長に甘さ優しさ糖分を。【完】

1章:雑用係に採用


「面接に遅刻するとか
 本っ当ありえないッ」


新調したリクルートスーツを
家を出る前にビシッと着用したはずなのに
電車の乗り間違いの失態で走る事になり着崩れ。
これまた買ったばかりのパンプスは
もうすでに汚れ始めている。


【木瀬 イトカ】22歳。
ステータス:庶民代表の主人公。
思った事を口に出してしまう、後先考えないタイプ。
157cm細身ながら体力と度胸はある。
目色はダークブラウン。髪の長さはミディアム。


「やっと到着したぁぁ」


ハァハァと息を切らせながら
目的地の高層ビルの入り口で
空高くそびえる建物を下から見上げた。


「実物はやっぱ凄い迫力だな。
 まわりの建物も人も
 尋常じゃないくらいの富豪感だし
 おっそろしい場所…」


『さすが金持ちだ』って
呑気に納得なんてしていたが
遅刻していた事を思い出し
開いた正面玄関の自動ドアを
小走りで抜けていった。


手元の面接会場が書いてある地図と照らし合わせながら
エレベーターに乗り込むと
オフィスゾーンを抜け一気に高層フロアへ。



< 2/ 144 >