ケータイ小説 野いちご

龍蝶~闇に隠された愛~【下・完】


「えーではこの場は副長である俺が仕切らせていただきます。」

匡さんはそういって神父の真似事をした

「新郎・・・一翔、貴方は新婦、梨華を病めるときも健やかなる時も変わらず愛しぬくことを誓いますか?」

「・・・はい、誓います」

「では新婦・・・梨華、貴方は新郎、一翔を病めるときも健やかなる時も変わらず愛し向くことを誓いますか?」

「・・・はい、誓います!!」

梨華は満面の笑みで答えた

「それでは誓いのキスを・・・」

ーーーーーーーーーーーーーーーーー




< 90/ 91 >