ケータイ小説 野いちご

好きになってはいけません。




すっごい小さな声だったけど、ちゃんと聞き取れた。



「………すきだよ」


「………」


「でも…わかんない」



私が、クマくんの告白をOKしたのは


クマくんが、『蒼を好きでもいい』って言ったから。


……本当は、クマくんを好きになろうって思ってる一方で


どこかで…“蒼を諦めなくてもいい”って思ってる自分がいる。


だから…わからない。


私が本当に、クマくんを好きなのか……



わかんなく、なっちゃった…。




「……柚」


「え…?」


「……俺に流されんな」





< 122/ 258 >