ケータイ小説 野いちご

聖☆ドラゴンガールみらくるず

こうりゅう
竜・桃・春「「「こ、虹龍(さん)(様)!!!???」」」

煌 虹龍は、香港煌家の跡取り息子で、10歳で龍を降ろしたものの、未だに結婚していない天才呪術師。←作者もです。笑

虹「随分だな。3人とも…。」

桃・春「「だって、あの時の事を思ったら…。」」

竜「2人とも!」
※虹龍の出会いについては、聖ドラ1巻見てね☆

虹「オホン!今日来たのは、桃花と竜牙の子どもたちが産まれたお祝いに来たんだが…。お呼びではなかったみたいだな。」
と、ふて腐れた。

竜・桃「「それならそうと、はっきり言ってくれたら良かったのに…ιボソ」」
2人の意見に、春蘭といつの間にか隣にいた長も頷いている。

長「まぁ、2人の気持ちも分かるがな。」

竜・桃「「長!?いつ、いらしたんですか?」」

長「ん?さっきから、ずっといたが?ハッハッハッ!笑」

春「エヘヘ~。あたしが呼びに行ったの!桃花たちの子どもたちが産まれたって。」

竜・桃((呼びに行ったのも知らなかった…ι))
春蘭の行動力には、竜牙と桃花もお手上げでしたとさ笑

長「ところで、竜牙。」
と、長に呼び止めたその顔は、いつになく厳しいもので、その場が凛と凍てつく様な眼差しだった。

長「まずは、桃花君。双子の誕生、おめでとう。それも女の子と来た。煌家では、双子がいないもので、全て異例尽くしだ。」

桃「ありがとうございます、長。私も竜牙も一人っ子同士なので、ますます楽しみにしてるんです!」

桃花の嬉しそうな顔を全員が、複雑そうな笑みを浮かべながら見ていた。

そんな中、ついに、竜牙と長、虹龍が重い口を開いた。

竜「桃花…、大事な話があるんだ。」
桃「なぁに?」
竜「これは、とても大切な事なんだ。」

そこには、父親としての覚悟を決めた竜牙がいた。長年、幼なじみとして、見てきた桃花にも、それなりの覚悟は出来ていた。

竜「実は…、2番目に産まれた子は……」
と重々しい言いかけた時、見かねた虹龍が、竜牙のあとを継ぐかと思われたが、

竜「2番目に産まれた子は、4つの血筋を引いているんだ。」
桃「……え?」

< 4/ 10 >