ケータイ小説 野いちご

【完】君に惚れた僕の負け。

ひとつ年下の幼馴染、四ノ宮 朱里(しのみや しゅり)くんは、あたしのパパとママのお気に入り。



朱里くんは物心ついた頃から、両親への抜かりの無いヨイショと、圧倒的コミュ力をもって我が家をさりげなく制していた。





朱里くんは、まるで二重人格のようにキャラを作り上げて、大人と接する。



大人の前での彼はどこからどうみても「賢い良い子」。




あたしは幼心に「なにしてるんだろう、朱里くん」そういう疑問はもっていたけど、あえて突っ込まなかった。



でもそれがまさかこんなに役に立つときが来るなんて、思ってもみなかったんだ。




< 3/ 421 >