ケータイ小説 野いちご

先生、好きって言って。








ガラガラっ






勢いよく保健室の扉が開いた。






『おい古村。』






「あ、先生。」







『あ、じゃねぇよ。何で風邪だって言わなかったんだよ。今日はもう早退だからな。』








「うぅ……だって、心配かけたくなかったんです。」









先生、怒ってる……。








私の事、見損なったかな。









『次から体調悪い時はすぐ俺を頼れ。』






あぁ、もう。







「……先生。」









すき。









『ん?なに?』









「…先生は優しいですね。次からは気をつけます。」







『ん。じゃあ荷物取ってくるから待っとけ。』







「ありがとうございます。」






どうやら、早退するみたいだ。
嬉しいような、嬉しくないような…。





だって、先生との時間がいつもより少なくなるのは嫌だ。いつも放課後は先生の所で勉強しているのに。
まぁ、あと1時間残っている授業を受けなくていいのはラッキーだな。








< 3/ 180 >