ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-



『あの日記帳は、

上原さんが自らの意思で握ったものなのか、
それとも【犯人が握らせたもの】なのか。


ダイイングメッセージと考えれば前者ですが・・

そんな分かりやすいものだったら、
そもそも犯人が隠滅しています。』


「後者だった場合は・・・
中野に罪をなすりつける為・・!」


『現に、DV被害者はどっちであれ、

結果的にオオスカワ署も私達も、“中野氏が犯人”とミスリードさせられましたからね。』


「つまり犯人は・・シオリの顔見知りで、

尚且つ“DV”という二人の関係性も知る人間って事か!?」


『私はそう考えています。』


「・・・・・誰ですか・・・?」


『・・・・・・・・・・・・。』


「・・・・・・・・・・。」



『私がこの世で最も嫌いな台詞ですが、
今は使わざるを得ません。』


「・・・?」





『さっぱり分からん。』



・・・・耐えきれず・・・
椅子からズルッと転げ落ちた・・・。






第9章 完






< 150/ 176 >