ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-



「じゃあ・・そんなあんたにとって、

柏原が起こした事件は相当、
心にくるもんがあったのかもな。」


「柏原のニュースを目にする度にあの時の・・

中学生だった自分の叫び声が、
ずっと耳の中でこだまし続けて、

ずっと胸が苦しかったです。」


「・・・・・・・・・・・・。」


「柏原が逃亡を図ったビルから転落死して数ヶ月が経った頃、

ある噂がオオスカワ署に伝わってきました。

信憑性は分からないけど、
警察内部で出回っていた噂です。」


「・・・・・どんな?」


「“柏原は事故死じゃない。アイツをあのビルまで追い詰めた刑事が殺した”。」


「・・・・・・・・・・・・・・・。」




「その噂は本当ですか?」


「・・・・・・それを確かめて、
あんたはどうするつもりだ?」


「その刑事さんにお礼が言いたいです。」


「・・・・・・・・・。」


「【ありがとうございます】
と伝えたいです。

同じ女性として、同じ刑事として、
・・同じ・・被害者として・・・。」


「・・今は1課じゃないとはいえ、悪いが容易くあの時の捜査内容は公言できない。

だからあんたの質問には“Yes”とも“No”とも言えない。」


「そうですか・・。」



「・・・もう14時だ。
大将さんの店に行こう。」


「・・はい。」






第6章 完






< 95/ 176 >