ケータイ小説 野いちご

冬 -Domestic Violence-



『ほふく前進が傍から見たら怪しすぎたんでしょうね。』


「あれはビワリーと目線を合わせて、
自首を促し・・・・・」


『・・・どうしました?』



「・・・・・・???」

左耳のイヤホンを取って、
両耳の聴覚をフル動員させる。


今確かに・・ネコの鳴き声が・・・


[ニャー!!]


!?

「いた!!ビワリーだ!!」


『転倒・衝突の二次被害の危険があります。
深追いは十分気をつけてください。』


寒さが深まるのに比例してすっかり日の入りも短くなり、

オオスカワ署を出たら外はもう真っ暗だった。


それでも夜行動物のように視覚をギラつかせ、鳴き声へ一直線に走る。



[ワイはそう簡単に捕まらへんで~]


そう俺を挑発するかのように、鳴き声をあげたビワリーがこちらに尻尾を向ける。


「・・望むところだ・・。
俺から逃げられると思うなよ?」




















 


< 80/ 176 >