ケータイ小説 野いちご

それでも君を

定期的にやって来る体調不良。



どれだけ気を付けていても、やはり来てしまったようだ。



「はぁ、ツライっ、、」



とは言ってもいつもなら、薬を飲んで耐え凌ぐレベルだ。



けどなぁ、もうすぐ受験本番。


ここでこじらせたくはない。



「…よしっ。」



意を決して颯くんに連絡を入れる。



こういう時にまず颯くんに一報を入れるのは昔から変わっていない。



“颯くん今日時間ある?”



ピロン



えっ!返信早っ!



自分で送っておいて、見たいような、見たくないような。



そんな気分でスマホの画面をタッチする。



“大学病院の方おいで”



まだなにも伝えてないのに。



すでにバレてる…。



うーん、嫌だけど、仕方ない。



行きますか。


< 99/ 194 >