ケータイ小説 野いちご

ねぇ、僕じゃダメ?

あまりの破壊力に僕の頭の中で、ガタンと大きな音をたてて理性が飛んだ。

「桃田さん、僕、、、あなたが好きです。」

「、、、えっ?」

「本気なんです。僕のこと、考えてくれませんか?」

桃田さんの目が潤んで、僕の突拍子もない告白に戸惑いを隠せない様子だった。

早まった。

そう気付いたときはもう遅かった。

次の瞬間、合わせられていた目はうつむき、華奢な肩に力が入ったのが分かる。

「、、、ごめんなさい。鈴成くんとは付き合えない。」

「いや、僕こそ。もっと時間をかけないとですよね。」

「そうじゃないの。気持ちは嬉しいけど、そういう対象には見れないから。」

「年下だから、、、ですか?」

「それもあるけど、、、私にはあなたが眩しすぎるもの。」



< 16/ 29 >