ケータイ小説 野いちご

君が忘れる今日

そして今日。ギプスも外れ、明日から通院の必要がなくなった。
一通り、いつものようにたわいもない話をした。
「・・・ねえ、また明日ね」
おかしかった。いつも笑顔の彼女の顔が、悲痛に歪んでいた。
「ああ、また明日」
僕は気づかなかった。
いつもは言わない“また明日”を彼女が口にしたことに。
いや、もしかしたら少し疑問には思ったのかもしれない。
けれどこの後の出来事に衝撃を受けて、きっと忘れていたんだ。
その後いつもの笑顔に戻った君は、立ち上がって急に桜の木に駆け寄った。
「ねえ見て!満開の桜の木!綺麗だね」
・・・綺麗だった。満開の桜の木に、寄り添って笑う君。
僕はこの光景を二度と忘れない。
そして彼女の薄桃色の唇が小さく動いた。
「またね。…ソラくん」
・・・え。
どうして・・・。
そのまま彼女は笑顔で病院の方へ走って行った。

翌日、彼女は来なかった。
それどころか来る日も来る日も、彼女は来なかった。
病室に見舞いに行くほどの関係ではない、それでも僕は病院に通い続けた。
一週間後。
「はじめまして」
後ろから声がした。
眺めていた空なんか一瞬で忘れるほどの勢いで、僕は振り返った。
「・・・あ・・・」
いた。君がそこに。いたんだ。確かにそこに。
「・・・っんで・・・!」
視界が涙で滲んだ。
「っなんでだよお!!!!!・・・なんで、死んじゃったんだよ・・・っ」
後ろから声が。聞こえた気がしたんだ。
いるはずのない彼女の声が。
彼女は一週間前のあの日の夜、容態が急変して亡くなったと、看護師さんに聞いた。
「・・・の・・・あの」
「・・・え?」
誰かに呼ばれ振り返るとそこには40代くらい?の女性がいた。
「ソラくん・・・よね?」
「・・・あ、はい・・・」
僕は自分の顔が涙でボロボロなのも忘れ、その女性に見入ってしまった。

< 2/ 6 >