ケータイ小説 野いちご

涙の数だけ





「ゆずちゃん、すごくいい子じゃない。」

電話の向こうの紗智はなぜかご機嫌で。


「大丈夫よ、ゆずちゃんは。


もう、ホントに大丈夫。

あの子がどんなことに悩み、苦しんでたのか分かったから。


詳しくは帰ってきたら話すわ」


そう言って電話は切れる。


首を傾げていると視界に入った時計。

あぁそろそろ職員会議の時間だ。


ロビーへ行くと疲れ切ったような岡田先生がいて。


『お疲れ様です』

と、声をかける。



「あぁ…岩村先生

ゆず…あの子は一体何者なんですかね??」



『何かあったんですか??』


そう俺が聞くと岡田先生は苦笑いを浮かべ


「部屋で笑っているんです。

三木にも、誰にでも。


岩村先生…どんなことをゆずに言ったんですか??」


俺は首を横に振る。


『俺は何も言ってないです。


アイツは自分ですべて解決したんです。』


紗智が何かを言ったかもしれない。

でもきっと、アイツは紗智がいなくたって笑っていた。


俺は…そう、思う。



「新垣ゆず…ですか…」



岡田先生は首を横に振る

それはもう何がなんだか分からない、と言っているようで。



2人してはぁ~と、大きな溜め息をついた。








< 30/ 38 >