ケータイ小説 野いちご

妄想少女とギャップ王子




「無理だよ…。天と地がひっくり返ったって無理!」


私がそう言うとガタンと立ち上がった花ちゃん。


「無理、無理って…。律花ちゃん逃げてるだけじゃん!
天と地がひっくり返ったって無理って言うけど、ひっくり返ってもないのにわかんないじゃん!
つべこべ言う前にメッセージを送りなさい!!」


…花…ちゃん?


「はい…。」


気迫に負けて、もう送るほかなかった。


''今時間大丈夫?''


私がそう送ると割とすぐ既読がついた。



< 76/ 147 >