ケータイ小説 野いちご

焦れ恋ロマンス~エリートな彼の一途な独占欲

実は合鍵を両親以外に渡すのは初めてだった。陸人と付き合っていた時はまだ私は実家暮らしだったから。

「戻ってきたらすぐに会いに来てほしい。私がいなかったらその時はこの鍵を使って家の中で待ってて」

彼の大きな手に鍵を渡すと、織田くんは大切そうに握りしめた。

「わかったよ。戻ってきたら絶対すぐに会いに来るから」

「うん、約束ね」

照れ臭さを抱きながら薬指を差し出すと、織田くんは微笑み指切りをしてくれた。

「いってきます」

「いってらっしゃい」

言い合うと織田くんはキスをひとつ落とす。

突然のキスに目を閉じることもできなかった私は、唖然とするばかり。そんな私を見て彼は嬉しそうに笑う。

「またな」

「う、うん……」

最後にクシャッと私の髪を撫でて、彼は颯爽と出ていった。

バタンとドアが閉まり、シンとする中、口元を手で覆う。

不意打ちのキスはズルイ。しかもあんなさり気なく……!

思い出すと恥ずかしさでいっぱいになると同時に、幸せな気持ちで満たされていく。

また次に会える日まで、頑張れる。だって彼は戻ってきたら一番に会いに来てくれるから。

「よし、私も頑張ろう!」

晴れやかな気持ちで私も準備を済ませ、会社へと向かった。


< 180/ 266 >