ケータイ小説 野いちご

早く気づけよ、好きだって。


神社の南側の入口は一番手前にあって、しばらく歩くと大きな鳥居が見えてくる。そこには人だかりができていて、どうやらみんな待ち合わせ場所として使っているようだ。

水野君の姿を探したけど、それらしき人は見当たらない。

まだ待ち合わせの十分前だもんね。

もうすぐくるかな。

でも、私が見つけられないだけで、先にきてたらどうしよう。

なんて思いながら巾着の中からスマホを取り出す。画面を開いてみたけどなんの連絡もきていない。

ということは、まだだよね?

一応〝着いたよ、待ってるね!〟とだけメッセージを送った。だけど既読がつかないので、スマホを巾着の中にしまって待つことに。

邪魔にならない適当な空いたスペースに身を寄せて、ふぅと一息つく。

辺りはオレンジ色に染まって、太陽がだんだん沈んでくる。お祭りの赤い提灯がところどころで揺らめいて、雰囲気が出ていた。

刻一刻と待ち合わせの時間が迫り、緊張が最高に高まった時だった。

「待たせたな」

正面からくると思ってキョロキョロしていた私は、いきなり背後から声をかけられたことにビックリした。

慌てて振り返ると、そこには私服姿の水野君が。

「ビ、ビックリしたぁ」

水野君は濃紺のジーンズを腰ではいて、上はワンポイントの刺繍が入ったグレーのポロシャツ。足元はスニーカーを履いていた。

初めて見る私服姿は新鮮で、学校以外の場所ということがなんだか照れくさい。


< 85/ 246 >