ケータイ小説 野いちご

早く気づけよ、好きだって。


「あー! どうして……水野君なんだろう」

それだけは絶対にないと思っていたのに。なんで。

会えなくなって初めて気づいた。こんなにも誰かに会いたいと思ったのは、初めてだって。

水野君のことを想うと、胸の奥がキュッと縮まって苦しくなる。ドキドキして、一日中ずっと私の意識の中にい続ける。気づくと自然とため息がもれて、考え込んでしまっている。

〝また連絡するから〟って言ってたから、スマホが鳴るたびに水野君じゃないかって期待して、ちがうとわかったらすごく落ち込んで何気なくショックを受ける。

またっていつ?

気になって仕方ないよ。

でも自分から連絡をする勇気はなくて、ただただいつくるかわからない連絡を待ち続けている。

水野君は私のことなんて一切頭にないだろうね。お祭りの前日になって、そこでようやく私のことを思い出す?

それはちょっとさみしいな。早く思い出してほしいよ。忘れられてるって感じることほど、寂しいことはないんだよ。

水野君はどうして私をお祭りに誘ったの?

どう考えても誘う相手がまちがってるでしょ。

誘われたことが嬉しくて舞い上がっていたけど、最近になって疑問に思うようになった。

どうして私なんだろう。水野君も同じ気持ちでいてくれてるってこと?
いやいや、ないない。あるわけない。そんなことを考える私って、本当にないわ。

どうかしてるよ。


< 82/ 246 >