ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。




自分の席に座り、何度も中間テストの結果を見直してしまう。

こんなに良い結果を出せたのは、お兄ちゃんのおかげなのは間違いない。

けど、こんなに良すぎて…期末は大丈夫なんだろうかー…

そんなことを思いながら、結果の紙と睨めっこしているとー…



「真優、結果どうだった?」

ドキ。

この声はー…

頭上から声がし、結果と睨めっこをしていた顔を上げた。


「…光太郎」


声を掛けてきたのは、光太郎だった。
光太郎も、テストの結果を片手に持っている。

「…まぁまぁ、良かったよ」

話すのは、あの日以来ー…

緊張で、結果を持つ紙の手に力がこもる。


「…そっか。良かったな」

私の身体に力が入ってしまったことに気付いたのか、光太郎はそう一言だけ返すと自分の席に戻って行ってしまった。




「…はぁ」

光太郎が席に着いたのを横目で確認した後、出てしまった小さな溜め息。


久しぶりに光太郎が話し掛けてきてくれたのに、私は何で緊張してしまったんだろう?

あの日のことは、もう解決したはずなのにー…


光太郎とは、今まで通り接したいのにー…



「もうっ」

小さな声で自分自身に叱咤し、持っていた結果の紙を鞄にしまった。









< 138/ 221 >