ケータイ小説 野いちご

空回り女の恋

別に自分のしてきた恋愛を、小説にしようだなんて
これっぽっちも考えてなかった。

たいした恋愛だってしてきてないのに。

小説って言ったって、多少は恋愛経験がなければ
読者が面白いと思える文なんて
書けるはずがない。
そう思ってた。




なのに、わたしはいま
恋愛小説をかいてる。

人生なにが起きるか分かんないね。笑


< 3/ 4 >