ケータイ小説 野いちご

世界で一番をくれる人


もしかしたら、あたしの知らない海斗になってるかもしれない。



英語ペラペラで、ガールフレンドなんか居て。


うん?


ガールフレンドって彼女?


そしたら、あたしいらないじゃん!



それは、それは困る……。





「…ほ。まーほ!真帆真帆真帆」


「ぎゃん⁉︎な、何?」


「な、何?じゃないわ!ほんとあんた海斗君帰ってくるってなったらダメになるんだね。一生帰ってこなくていいかなー」


「そ、それはなし!冗談でもやめて!」


「じゃあ、人の話くらいちゃんと聞きなさい。ほら、次情報でしょ?移動だよ。早く行かないと、近野ちゃん怒っちゃうよ」


「近野ちゃん、怒っても怖くないじゃん」



可愛い近野ちゃんは、実は男の先生。


でも、あたしより身長ちっちゃくてちょこまか動いてほんと可愛い。



怒るのも上手じゃなくて、みんな情報はダラダラなんだ。



「でも、あと5分だよ。なんでまだ弁当箱広げてるの。いくら近野ちゃんでも、これは怒られるよ」


たしかに!


まずい。


いつの間にか結衣は、情報の教科書を持ってる。


弁当なんて、とっくの前に終わったらしい。



「ごめんー!先行ってて!」



「仕方ない、まっててあげよう」


「…結衣、情報嫌いだったよね。コンピュータ苦手だった気がする。まさか、さぼ…」


「もう、そんなこというなら置いていくからね!」


「ええ、待ってー」



海斗が。


いる、とか。



いらないとか。



すっかり忘れて、あたしは急いで弁当をしまった。



< 10/ 48 >