ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。





美術室があるのは1階。

グラウンドに面した場所にあるため、窓からはグラウンドを見渡せる。



窓の近くまで行くと、陸上部やサッカー部が部活を行っているのが見える。



その中には少し遠いが、お兄ちゃんの姿もあった。



中学の時には、なかなか見られなかったお兄ちゃんの姿が、ここから見られる。


「…ここ、いいな」


無意識に、声に出して言ってしまった言葉だった。




「何がいいんだ?」


ビク!


「!?」


誰もいないと思っていたはずの教室から、何者かの声がした。



驚いて、声がした方向に顔を向けた。





「…山崎先生?」



黒板の前にいたのは、担任の山崎先生。


いつから…
全然、気付かなかった。


驚きと、無意識に出てしまった言葉を聞かれてしまったことに、バクバクと心臓がうるさい。



「そんなお化けをみたような表情をするなよ。俺の方が先にここにいたんだから」


心外だという表情で、山崎先生が近付いてくる。









< 78/ 221 >