ケータイ小説 野いちご

たとえ、この恋が罪だとしても。






担任からの一通りの説明も終わり、下校となった。


お兄ちゃんが言っていた通り、校門の前で待っている両親の元へ急いで行く。




「お母さん!お父さん!」


校門の前まで来ると、両親が立って待っていた。


「真優、あなた体調大丈夫なの?」

ドキ。


お母さんが心配そうに聞いてくる。


「え…あ…あれは、ちょっと緊張しちゃって」


お兄ちゃんのことを考えていたなんて、親には特に言えない。


「環境がガラッと変わったもんな、それは緊張するよ」


お父さんが慰めるように、頭を撫でてくれる。


ズキ。


「うん…」


何か少し、罪悪感ー…


「じゃあ、写真撮りましょ!涼真は先に帰っちゃったし」

「え…お兄ちゃん、もう帰ったの?」

いつの間にー…


「あぁ。涼真のくせに女の子連れてな」


ズキ。


「お父さん、自分の息子にくせにはないでしょ」

「いやいや、相手の親御さんの気持ちを考えるとな…。もし俺たちより帰りが遅かったら、夜は説教だな」

「もう、お父さん…」


両親の会話に、心がズキズキと傷む。



「さ、真優。写真撮りましょ?」

お母さんに背中を押され、朝見た入学式の看板の前まで行く。


「真優は中学生で彼氏なんか作っちゃいかんぞ。いや、高校生になってもだな…」

「お父さん!!そんなこと言わないでください!」

「だって…」

「だってもありません!真優、気にしないでね。勉強もいいけど、恋もたくさんできるといいわね」


ぽんぽんっと、お母さんが背中を撫でてくれる。


「…うん」


そんなお母さんの顔を見ることができなかった。




「真優、笑って」

「うん」

「撮るぞー」


カメラをセルフタイマーにし、お父さんがカメラの元から走って来て横に並んだ。




カシャ。




機械音が聞こえ、写真が撮れたのがわかった。





私、ちゃんと笑えてたかな?





< 23/ 221 >