ケータイ小説 野いちご

天ヶ瀬くんは甘やかしてくれない。




それから、3日くらい学校を休んだ。
正直、風邪だからとかそんな理由よりも、一番は天ヶ瀬くんに会いたくなかった。

会って、どんな顔をすればいいのか、どんな風に接すればいいのか、わからないから。


嫌でもあの日の、唯乃さんと一緒にわたしの前から去っていく背中が頭から離れない。

思い出しただけで、泣き出してしまいそうなくらい自分のメンタルは相当弱っているみたい……。


こんな状態のわたしに、更なることが起こるなんて思ってもいなかった。


そして、自ら天ヶ瀬くんを手放してしまう日が近づいてきているとも知らずに……。


< 139/ 327 >