ケータイ小説 野いちご

きづいたら「はつ恋」

次の日、私のたった二人の友人..美紗と愛香に、この感情のことを聞いてみたら

「いや..普通に、恋でしょ?」

「まさか、自分で気づいてなかったの?」

と言われた。

こい...鯉...恋?...恋!?

私が? あいつに?恋をした?

まさかまさか...ありえるかも...

恋って、気づいたら落ちてるっていうし...

えぇ?でも!私が!?秀に?

これからどう接しようかわからなくなっちゃうじゃないか!

ウ〜ンうーん

「なぁ...桜那?どうした?顔が赤いよ?」

ズッザッザッザッザッ!

「なっ何でもないよ!」

びっくりした~。心の声漏れてないよね?

あー、、、あんなの恥ずかしいよ。

「......桜那.....」

「なに?しゅ...」

チュッ

「.....ェ?エ?え?」

「どうした?」

い、今...チュッて..

キ、キスした..よ..ね...?

き、気のせい?

でも、まだ唇に感触が...

でも、秀は、あんなに素っ気ないし..

どっちなの~?!


*夜*

まだ唇に感触が残ってる...

それに、その事を考えると、

胸が、ドキドキ、キュンキュンする。

何をしてても考えちゃう。

まさか..本当に...私...秀のこと

好きになっちゃったのかも...

キャー!どうしよーーー!

明日、顔が暑くて、学校に行けないー!

< 2/ 6 >