ケータイ小説 野いちご

リョウオモイ



帰り道、


いつもなら蘭那が喋っててうるさいのに


今日はいないから静かだ


すごく気まずい


こんななら蘭那の事待ってれば良かった


そんな事を思ってると


「こっちゃんてバスケ上手なんだよね?」


なんて先輩が言うもんだから


ドンッ


「え?大丈夫?!」


電柱にぶつかってしまった


「大丈夫です、それよりなぜその事を?」


打ったところを擦りながら聞いてみると


「スゥちゃんに聞いた」


はぁ。蘭那か


「で、なんでバスケ部入らなかったの?」


そう、私は部活には入らなかった


誤魔化すのがめんどくさかった私は


「独り言だと思って聞いて下さい」


と言い、1人話し始めた


< 12/ 16 >