ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

チョコレート戦線

腕を引かれて彼の胸元に抱え込まれる。

驚きに息を呑むと

「木村さん、ありがとう。すげー嬉しいよ」

そう言ってくれて、少し体を離すと

「俺は木村さんが好きだよ。だから本命チョコが嬉しくて。なのに返事する前に逃げるから、追い掛けてきたよ」

そうクスッと笑いながら、言われた。

「えっと・・・、どういう事??」

あまりの事に脳内処理が追いついてない。

「俺も木村さんが好きです。告白してくれてありがとう。俺の彼女になってくれませんか?」

腕を緩めつつも、その囲いの中からは出さずに彼は言う。

その時の私を見る彼は、優しく甘い表情だ。

まさかの想像すらしてなかった彼からのイエスの返事に、戸惑いつつも涙が溢れた。

「はい!彼女になりたいです。よろしくお願いします!」

こうして、私と彼はバレンタインからお付き合いすることになりました。

普段よりも少しの勇気で物事が動く。

バレンタインというイベントの奇跡。

友達とでも大好きだけど、彼との記念日にもなるこのバレンタインという日が、私はとても大好きになれた。

Fin

< 16/ 16 >