ケータイ小説 野いちご

クールなキミが最近優しいワケ

「う、嘘なの……!?」



「騙されやすいねー。こんなに席遠いのに、聞こえるわけないじゃん」



咲菜ちゃんは、サラサラのショートヘアを揺らして毒を吐く。



「焦ったぁ……。よかった」



「俺にはばっちり聞こえてたけど」



……んん?


隣から、低い声が挟まれる。



「お前、それでも女子かよ?」



そう言ってきたのは、私の隣の席の男の子。


橘蒼生(たちばなあおい)くんだ。



「ひ、ひど……っ」



「まっ、俺は隣の席だから仕方ねえな」



そうだよね、仕方ないよね……。

でも、よりによって橘くんに聞こえちゃうのは嫌だ…。



橘くんとは、高校2年生にあがって、隣の席になって…。


彼の恨みを買った覚えはないのだけれど、何かにつけてバカにしたりからかってきたりする。


< 2/ 328 >