ケータイ小説 野いちご

【短】キミに好きになってもらう10の方法

10の方法
8つめ。







「あ~、光希くん不足……」




この前見た少女漫画に「押してダメなら引いてみろ」ってあった。


だから、毎日会いに行ってたのを、ここ10日くらい止めてみた。

そしたら、なんてこった。



私が光希くん不足で死にそうだ。





「引いてみたって、光希くんから音沙汰ないんだけど……」



10日も会ってないとなると、本当に末期だと思う。

気づいたら、旧図書室の前に来ていた。







「……センパイ?」




すると、丁度光希くんが来るタイミングだったらしく、まさかの図書室の前で鉢合わせ。





「あ、えっと」


何となく顔が合わせづらい。




「……なんで最近、俺んとここないんですか」


「えっ」




その言葉に驚いて、顔をあげた。

しかも、言葉に驚いたのは私だけではないらしい。


目の前には、顔を真っ赤にして自分自身の言葉に驚いてる光希くん。





「あれ、えっと俺……」





キミに好きになってもらう方法【その8】は、




押してダメなら引いてみることだ。




……って、以外と成功?







< 8/ 10 >