ケータイ小説 野いちご

【短】キミに好きになってもらう10の方法

10の方法
6つめ。








「やっぱり振り向いてもらえないのって、顔?」




そう思ったのが昨日。


そして鏡の前に立った瞬間に、幼稚さに気づいた。


そこからの私の行動は早かった。




髪は2つ結びからハーフアップに。

スカートも折って、ほんのりチークもつけたりして。

胸のボタンもちょっと開けた。







「おはよう!」





挨拶すると、みんなから、

「大人っぽくなった」

って言われた。



さっき男子が、百香のこと可愛いって言ってたよっていうのも聞いた。


イメチェンすると、やっぱドキドキするのかな?








「光希くん!」



「は? ……センパイ?」



見てほしくて、駆け寄った。







……けど光希くんは、


「俺は、前の方がいいと思いますけど」


って言って、去り際私の髪をクシャッとしていった。






キミに好きになってもらう方法【その6】は、




イメチェンしてドキドキさせることだ。






……けど、光希くんは前の方がいいらしい。










< 6/ 10 >