ケータイ小説 野いちご

【短】キミに好きになってもらう10の方法

10の方法
3つめ。








「男の好きな仕草? ボディータッチじゃね?」




2つ上の兄がそう言った。


ちょっと聞きたかったこととは違うけど、ボディータッチも一理ある。






「あ、光希くんだ!」



丁度、ボディータッチしてやろうと考えながら登校してたら、昇降口で発見。



しかも一人だ。





「光希くん!」



「なんですかセンパイ、おはようございます」



「あ、うんおはよ……」




朝が弱いみたい。

朝から元気ですね、なんて付け加えられた。




「…………」


「…………」




しまった、声をかけたはいいけど、どうやってボディータッチするかとかなんも考えてなかった!





「……用ないなら行きますね」



「ちょっ」



待って、と背を向ける彼の手に手を伸ばした……けど。




「……っ、」



その手を引っ込めた。








キミに好きになってもらう方法【その3】は、




ボディータッチをすること。







だったけど、



ドキドキしすぎて触れられなかった。






< 3/ 10 >