ケータイ小説 野いちご

ねぇ起きてよ、要くん。




───────



君がいたら、夜だって寝れるかもしれない。



─────────




「みーつーりー」


「かなめ…っくんっ」


「聞いていい?」



「どうぞ…っ」



「なんで光璃が泣いてんの?」




「ご、ごめ…っ」



「そうじゃなくて」




さっきみたいに、目を伏せて悲しそうな顔をした要くんはどこにもいない。




ただ私が泣いてるのを見てからかう要くんがいるだけ。





ただそれだけなのに、すごく安心した。




< 13/ 44 >