ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

止まない雨はない



それで、今までのことを聞いて泣いた

お母さんたちがそこまでしてくれたなんて
私の本心に気づいていたなんて

-ギュー
双子たちを抱き締めた

「ママ、このひとだれ?」
ん?優太?
「…………優太と真理の父親だよ」

-ニコッ

「「パパー」」
優介の方に飛び付いていった。
あれ?そういえば二人が抱きついていかなかったな
最初に会ったとき。
二人はすぐに抱きついていくのに……

まさか……私が父親って言うのを待ってた?
なわけないか、まだ、2歳だもんね


「姉ちゃん、それでいいんだな」

「いいよ。私も本心はこれを望んでいたから」

本当は待ってた。優介が迎えに来てくれるのを

「真紀、結婚してください。真理も優太も幸せにする。
もちろん真紀も幸せにする」

「…………は……い」

ふぇっ……

「泣き虫」
泣き虫じゃないやい
「泣き虫にしたのは優介だもん。責任とってよね」

「(かわいすぎだろ!)はいはい」

-チュッ
そっと口を合わせた

「「ラブラブ」」

「よそでやれよな、まったく」

えへへ

これから幸せになる
よね?お母さんお父さん
見ててね!


< 31/ 34 >