ケータイ小説 野いちご

翔side


明日夏とは幼馴染のような関係だった。




俺はまあ運動はできるほうだ。



でもそれを放課後にはやりたくない。




「翔は何の部活入るの?」




明日夏といつものように帰っていた。





「俺は・・帰宅部でもいいかなw」





「それはつまんないよ。美術部行かない?」





「俺が美術部!?似合わない。」





「さっきね美術部の男の先輩とすれ違ったんだ」





「へーー。」




なんとなく美術部に入部。




秋までは何も起きなかった。




秋までは。

< 2/ 2 >