ケータイ小説 野いちご

若頭に愛されて




「怜央さーーんっ!今日も、かっこいいっす!」


道を開けている通行人の中から怜央に向けての言葉がかけられる。



怜央くんって凄い上にかっこいいことで有名でほんとすごいな……。


「きゃーーーっ!怜央ーーっ!」



今度は女の人の声が聞こえた。


私は下を向いて歩いているので怜央がどんな反応をしたかはわからない。

 

女の人からも人気なんだ……。

そりゃ……かっこいいからモテるよね……。




胸がざわつき、もやもやする。


「てか、あの隣誰?」


「いやーーぁ!怜央と手繋いでる!!」

「なんなのよあの女!!」




私のことだ……。



ごめんなさい……。みんなの、、、怜央くんを独り占めしててごめんなさい……。



< 20/ 65 >