ケータイ小説 野いちご

莉子の恋はジェットコースター!?

「そっか!でも、大丈夫!私がサポートしてあげるよ!」
「は?」
「だから!髪の毛切っちゃった弁償として、女の子たちが寄ってくるのを阻止してあげるって言ってるの!私が、皆に言えば一気に収まるから!平気、平気!」
「あんた、そんなに凄いの?」もしかして、私の存在知らないの?
「千尋くん、私が騒がれてるの知らないの?」
「・・うん。」まぁいいや。
「私、本田莉子。莉子でいいよ。」
「分かった莉子。じゃあ、俺も千尋でいい。」
「オッケー!じゃあ、千尋!グラウンドに行くよ!」私は、千尋の手を引いて走りだす。

< 15/ 89 >