ケータイ小説 野いちご



だから今日も


みんなが寝静まった後、



私はピンクのクマ耳を立て、



夜行性達と静かに





夜の世界を楽しむ。



< 8/ 9 >