ケータイ小説 野いちご

初めての相手は無愛想上司



どうやら伊藤さんは蔵田課長に
私の安否確認をしたいが為に
振り回したんじゃないか…と推測する

蔵田課長、申し訳ないという気持ちと
伊藤さんにそこまで心配かけてしまったこと、そして嬉しさがある



『…明日、というのは?』


明日は土曜日だ
会社は休み
どんなに忙しくても
他の課からの要請がない限り
資料課は絶対出勤はない


まさか、と嫌な汗が流れる



「明日、蔵田さんと伊藤と会う」



サラッと言い出した言葉に唖然とする
休みの日に会社の人に会うなんて
今まで一度もない

安否確認だ、そうだ

と付け加えたが
それならさっき電話でしたじゃないかと
言い返すが
いい機会だ、とわけのわからない事を言い出す


納得するまで説明してもらいたい
そう思って身を乗り出した

< 100/ 222 >