ケータイ小説 野いちご

君のいる病院。

きっと、榎本くんとは1年の頃は違うクラスだったはずだ。






だから私は覚えていない。







じゃあなんで






榎本くんは







私を知ってるの……?













今、私の机はどうなってるの?








私のロッカーは?







上履きは?







下駄箱は?










全て、無事なんですか……?
















< 74/ 266 >