ケータイ小説 野いちご

元騎士団が、武器屋になる過去Ⅰ

ランスは騎士団
騎士を辞める理由

私は、セシル王のボリーガードをしていました。俺は彼女を止めようしました。しかし、彼女は強くて勝てませんでした。だけれども、俺は諦めませんてました。しかし、俺は彼女を食い止めることも出来ずに、彼女は、行ってしまいました。俺はセシル王が失うのは嫌でした。そして、俺はセシル王の死を知らされました。俺は自分の弱さに、失望しました。そして、俺はセシル王を守れなかったので、責任で皆に攻められました。俺は責任を追うため、自ら辞めました。

< 2/ 3 >