ケータイ小説 野いちご

密室ゲーム



自分は小学4年生の息子の世話で毎日忙しいのに、……浮気だなんて。



そんな不安と憤りの混じった気持ちもあったのだがそれよりも、

……ユウキを取った女が赦せない!

という気持ちが強かったからだ。


その女への憎しみが増すと共に、時間が許す限りパソコンで『浮気 復讐』という言葉を検索する日々。


そうなると当然段々と家事は手につかなくなっていく。そして仕事から帰宅したユウキからの文句が飛んでくる。


負の連鎖というものだろう。


しかも桜はこの負の連鎖から抜け出す事も出来ず、現実逃避へと走ってしまった。


朝からキッチンで酒を煽り、ひたすらネットサーフィンをし続ける。


そんな中、ユウキと息子のタケトは菓子パンを食べて家を出ていくのだが、それにすらネットに夢中の桜は気付かない。


そればかりか、夕方に息子のタケトが学校から帰ってきても声すら掛けない。


「お母さん。今日ね、あんちゃんがね」


タケトが桜に近付いてきて、そう楽しそうに顔を綻ばせ口を開いても、その声さえも桜には苛立ちを増す騒音に聞こえてくる。


< 124/ 242 >