ケータイ小説 野いちご

王道恋愛はじめませんか?




――『格好良かったぁーっ!』


3時間を超えるコンサートが終わり、会場を出るときには、すっかり日が落ちていて真っ暗だった。

私を今日のコンサートに誘ってくれた当の本人は彼らのパフォーマンスに大満足のようで、上機嫌だ。

……そりゃあ、サイン入りのタオルをもらえば、誰だって興奮しちゃうよね。


本当は、shineのメンバーの杉原 嘉人(スギハラ ヨシヒト)が投げたタオルは私の頭上に落ちてきたんだけど、あまりにも隣にいた未來が"それ、ちょうだい"と言わんばかりに見つめてくるもんだから、渡しちゃったんだよね。


『みのりもファンになったでしょ!?行ってよかったでしょ!?』


コンサートの熱狂で気持ちをコントロールできないのか、サイン入りタオルを握りしめながら、問いかけてくる未來。


「う、うん…。それより、そのタオルしまったほうが良いよ。見せびらかしてると、誰かに盗まれちゃうよ…?」

『あっ、そうよね!絶対コレ、家宝にするんだーっ!』


そういいながら、タオルを大切そうに鞄にしまう未來は、とても幸せそうで。

今日のコンサートを誘われた時は、行くか行くまいかとても悩んだけど。

本当に行って良かったと思う。


まだ、あの人との思い出を過去にはしきれていない私がいるけれど、

それもまた、ゆっくりと、自分のペースで消化していけばいいと感じ、鞄に付けていたお守りに手を伸ばした時、



< 2/ 190 >