ケータイ小説 野いちご

そんなに、可愛い顔すんな。~男子校は、ドキドキですっ!!~

「……って、それはそれは。
殊勝なことで。
つか、ずいぶん、横暴なお兄サマだね」



鷹栖くんは、クスクス花が咲くようにキレイに笑った。



そして、ちょっとの間考え込むと……。



しゃがみこむあたしに合わせて、しゃがみながら、こう言った。



「じゃあ、これから、いろいろと……。
俺が、助けてあげようか?」



「え?」



「全世界の……。
読者さんを守りたいんでしょ?
葉月の無遅刻、無欠席の記録とともに」


< 57/ 317 >