ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



それからは家まで一目散に走った。



これ以上あの空間にいるのが耐えられなかった。



早苗さんの高らかな笑い声を聞くのも限界。


何より、真田君との重い空気に耐えられなかった。



「はぁはぁ。く、くるし……」



ただ走っただけなのに、病み上がりの身体にはキツかった。



「おかえり、志帆。ちょうど良かった。今、杏が来てるよ」



玄関に入った瞬間、奏太が気付いてリビングから顔を覗かせた。



「あ、杏が?なんで?」



あたしにはなんの連絡もなかったのに。



「あー、俺ら今付き合ってるから」



「はぁ!?」



意味わかんない。


なんだかもう、今日はわかんないことだらけだよ。


奏太と杏が付き合ってる?


そりゃ、杏は昔から奏太一筋だったかもしれないけど。


なんでいきなりそんなことに?



< 217/ 250 >