ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



奏太はラグマットの上に座ると、テーブルの上に頬杖を付いてまっすぐあたしと目を合わせた。


奏太に恋愛相談なんて恥ずかしいけど、今はとにかく誰でもいいから話したかった。


お母さんみたいに茶化したりしないだろうし、何より晴斗と仲が良いから真剣に聞いてくれるはず。



「うん。それで?」



だから正直に全部話した。


最初は大嫌いだったけど、好きになってしまったこと。


気持ちを伝えたけど、友達でいたいって言ったこと。


でもやっぱり、それじゃ嫌だから彼女になりたいって思ったこと。


その途中で現れた早苗さんのことについて全部。



「あ〜……っ、井川(いがわ)か。まだ晴斗のことが好きなんだ」



井川って……?


早苗さんのこと?


そっか、中学から同じだから奏太も早苗さんのことを知ってるんだ。



「晴斗の奴、振られた時はかなり落ち込んでたけど、本人が終わったって言うんならそうなんだと思う」



「で、でも!気持ちが戻ることだってあるじゃん。振られて落ち込んでたってことは、それだけ好きだったってわけで……」



「うん、かもな」



か、かもなって。


我が弟よ、ちょっとはフォローしようよ。



< 201/ 250 >