ケータイ小説 野いちご

俺、お前に惚れてんだけど。



「あたし……久間君とは友達のままでいたい」



「はぁ?なんで?俺のことが好きなんだよな?」



「好きだけど……友達のままがいい」



「いや、意味わかんねーし」



怪訝な声を出す久間君に、あたしはそれ以上何も言えなくて黙り込む。


だよね。


久間君の気持ちはよくわかる。


お互い好きなのに、付き合わないなんておかしいもんね。



怖いの。


勇気がないんだ。


また傷付けられたらどうしようって、そればっかり考えちゃって。


本当はあたし……自分に自信がないんだよ。



「ごめん……」



ごめんね。


あたしがもう少し強かったら、きっと迷わず久間君の彼女になってたのに。


傷付くのが怖くて、飛び込めないんだ。



< 171/ 250 >