ケータイ小説 野いちご

この作品のキーワード

俺の自慢のペット様


細身の均一に筋肉のついた背の高い…少年。
眉目端麗、鼻は高い。
誰が見ても、美しい少年であった。

その少年が舞台に出てきた瞬間に、榊は目を奪われた。

あいつが欲しい。

気付いた時には思わざるを得なかった。
それほどに魅入ってしまったのだ。

あの男に抱かれたい。
そして、愛でたい。
この下衆共から守りたい。

榊はこの数分の間だけでも確実に彼に惹かれていた。

「さぁ!みなさんお気づきでしょう!本日は女だけではないのです!あまりの美しさ故に男でもここの舞台に立つことを許された!この少年!まだまだ若いでしょう!性ペットにするもあり!労働者として働かすのもあり!どうするかはあなた次第!5000万から始めます!」

ホールがざわついた。

今までの女と桁違いだ。
しかし、声は止まらない。

「8000万!」 「1億だ!」「1億5000万!」

榊は声を上げる男共を嘲笑うかのように静かに手を挙げ、発言した。

「20億。キャッシュで」

ホールが静まり返る。

「…に、20億出ました!それ以上いませんか!」

いるわけがない。
このオークション始まって以来の最高値だ。

鐘の音が響く。
榊は不敵に笑い、自ら少年を迎えに行った。

「お前の名前は?」

「…ない。」

怯えているのか。
…かわいいやつめ。
仕方ないこんなところに連れてこられて…。
でも、ここにいなければ出会えなかったかもしれない。

「じゃあ、名前をやろう。龍樹(たつき)はどうだ?」

名前の由来なんてない。
ただ、こいつの顔を見てたら思いついただけで。

「たつき…。あ、ありがとうございます。」

たつきはフッと笑った。

「ーーーーっっっ/////」
なんなんだ。
どうしてこいつはここまで俺の心をかき乱す。

榊は使いに服を用意させ、自車へと乗せ、ホールを後にした。


< 2/ 2 >